ブライダルブーケを持っている花嫁

新着記事

宝石や素材

式までの時間にできる事

結婚指輪を手作りするときは、ジュエリー専門業者に依頼する必要があります。業者により扱っている宝石や素材が異なるので、自分たちの希望に合った指輪作りができるところを選びましょう。

サイズがぴったり

結婚指輪を身につける理由

結婚指輪を手作りするメリットとして、自分の指のサイズにぴったり合ったものを手に入れられるという点があります。サイズがぴったりだと、結婚式の指輪交換のシーンで指に入らないなどと戸惑ってしまう心配もありません。

特別感

素敵な指輪を購入するなら

より特別感のある結婚指輪にするなら、誕生石を使ったり刻印を彫ったりするとよいでしょう。細部までこだわれるのは、手作りならではの魅力です。これにより、あなただけのジュエリーを手に入れることが可能です。

アフターサービス

日にちには十分余裕を持って

結婚指輪は特別な指輪。そのためいつまでも綺麗な状態で使い続けたいという人は、アフターサービスが充実したジュエリー専門業者を利用しましょう。手作りした特別な指輪を、いつまでも美しく輝かせることができます。

夫婦の誓い

人生の中には様々なイベントがあります。イベントの種類も大きさもそれぞれ違いますが、結婚式はイベントの中でも一大イベントのひとつだといえます。基本的に一生に1度しかないイベントであるため、この式を大成功に収めようと多くの人たちが一生懸命準備をするのです。
結婚式には数多くの見せ場があり、そのどれもが新郎新婦にとって大切な見せ場です。ですがその中でも特にみんなが注目するシーンとして、「結婚指輪の交換」があります。新郎と新婦、お互いがお互いの薬指に指輪をはめこむというもので、両親や親戚、多くの友人たちが見守る中で夫婦として誓いの儀式を行うのです。
この指輪は生涯をとおして大切なものになるので、奮発して高価なものを購入する夫婦も非常に多いです。普段のおしゃれとして使用する指輪とは違い、やはり結婚指輪は特別感や重みが違います。
お互いが気に入ったもの、年をとってもつけ続けられるようなシンプルなものなど、選び方や選ぶ基準は夫婦によりけり。
そんな結婚指輪ですが、最近とても注目を集めているものがあります。それは「結婚指輪を手作りする」というもの。すでに作られているジュエリーを購入するのではなく、自分たちだけの指輪を実際に自分たちで作るのですから、思い入れはそれだけ深くなります。世界に2つしかない指輪で、まさに結婚指輪にぴったりだといえます。
そこで今回は、手作りの結婚指輪について紹介していきます。より特別な指輪がほしい夫婦、既成品の中に好みのデザインがなくて困っているという夫婦は、1度検討してみるとよいでしょう。